無利息でお金を借りたい!利息0のカードローン

無利息サービスの概要

無利息サービスというのは借入期間中、一定日数に対して利息が全額免除されるサービスです。

無利息サービスがあるのはプロミスやアコムといった大手消費者金融や、新生銀行カードローンレイクなど一部の銀行カードローンになります。

無利息期間の適用開始日は、契約日の翌日もしくは初回借入日の翌日となります。

契約日翌日から適用される場合には、実際の借り入れがまだであっても無利息期間がスタートするケースもあり、無利息日数の適用期間が減ってしまう点に注意しましょう。

無利息期間終了後は自動的に本来の適用金利に戻ります。
その時点でまだ返済が残っている場合には、終了日の翌日から通常金利に切り替わります。

無利息で借りるには条件がある

無利息サービスはいつでも誰でも利用できるわけではありません。
条件として多いのが「はじめての利用に限る」というものです。

つまり以前そのカードローンで借入の申し込みをしたことがある利用者は、無利息サービスを受けることができません。

他にもWEB明細の利用登録、Eメールアドレスの登録、所定の返済期間などが利用条件となっています。

無利息が適用される日数や無利息で借りられる上限額などについても、各社で色々なパターンがあるので、事前に公式ホームページやリーフレットをよく読んで最新情報を確認することが必要になります。

無利息サービスの注意点

無利息サービスはもちろんお得なサービスではあるのですが、利息ナシの恩恵を受けられるのは借入当初だけです。

無利息が終了した途端に利息がプラスされ、人によっては返済負担が急増したように感じられることもあります。

無利息終了時に慌てないためにも、無利息終了後も通常金利で返済が続くことを念頭に、しっかりと借入と返済計画を立てておくことが大切です。

完済までの返済額を具体的にイメージするためにも、無利息サービスを検討する際には返済シミュレーションであらかじめ返済予定を把握しておくことをおすすめします。

また注意しておきたいのが延滞です。
無利息期間中の返済に遅れが生じると、場合によっては無利息の適用が取り消されることもあります。

無利息サービスのメリットを最大限に活用するためにも、月々の返済は余裕を持って準備するようにしましょう。

無利息サービスがあるのはどのローン?

大手の消費者金融には無利息サービスがあるのが一般的ですが、銀行カードローンは少ないです。
レイク・静岡銀行セレカのみです。

専業主婦は収入がないため銀行カードローンしか申込めません。
専業主婦でも借りれる消費者金融はありません。

専業主婦が無利息で借りるには、選択肢が限られてしまうことになります。